リアル艦隊これくしょん
戦後70年の節目に戦艦、大和型二番艦「武蔵」、
レイテ島近くのシブヤン海で発見か!?

…の報に、にわかに諸提督方々も湧き上がっている模様。
艦これ本家のツイッターでも話が振られています。

艦隊これくしょん(艦これ)は
まさに時代の寵児、時の申し子の様相を呈しております。
All roads lead to KanColleな感じです。

今回の発見について、広島県呉市の大和ミュージアム館長も
「ほぼ間違いなく武蔵だ」と指摘しているようです。
なかなか胸熱な話ですね。

そんな話はゲーム科のブログでやれ、との声も聞こえてきそうですが、
今回は情報系に関係なくもない事情があったので、取り上げてみました。

今回、海底に沈む戦艦「武蔵」を発見したのはポール・アレンさんという方で
あのMicrosoftの共同創業者ということだそうです。

アレン氏は多趣味、多才なことでも知られており、
その情熱や興味が本業のエンジニアとしての能力を
より良いものにしたのかもしれませんね。

アレン氏は「武蔵」について
「まさにエンジニアリングの驚異であり、建造に至った技術と努力に対し、
 1エンジニアとして深い感謝の意を捧げている」
と述べているようです。

では、小生も一提督として、これから大型建造回しに行きますか!
(まだ大和、武蔵を艦隊にお迎えできておりません…グッスン)

なお、
この記事のBGMはもちろん「武蔵の帰投」で書きました。
[PR]
by trident-it | 2015-03-05 19:58 | 徒然なる日常
<< 空の産業革命 Unity使ってみた 番外編 >>