<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
週刊ロボゼロ19
ボディカラーが白と黒だけだった頃のiPod nano(初期型!)を持っているのですが、
この子のバッテリーをフル充電しても2日程度しか持たなくなって数ヶ月・・・。

買い替えも考えるのですが、例年9月には新型が発売されることを思うと、
それまで待つか・・・でも充電面倒・・・を繰り返す今日この頃。
e0222779_0232167.jpg

さて、ロボットといえば、機械モノですよね。
・・・と、言ったのは前回の話ですが、今回も新たなエピソードが生まれたのでご報告を。

事件はCAD学科の教室で起こりました。
学生が使用するデスクトップPCが突如ブルースクリーンで停止しました。
ブルースクリーン自体は以前に比べてあまり見かけなくなりましたが、
だからこそ、その事態の深刻さを物語ります。

再起動時、BIOS(PC起動時にセルフチェックをするプログラム)の読み込み画面で
ハードディスクドライブ(以下、HDD)を認識していないと表示されました。
再起動を試みるも、結果は同じです。

システムファイルが存在しないというメッセージであれば、HDDを取り出して
別のPCに繋ぎ、USBメモリのようにデータを読み込むことは可能です。
しかし今回はHDDが存在しないということなので、
PCとHDDを繋ぐケーブルが断線してしまったケース以外は、事態が深刻です。

そこで私に科せられた命題は、「学生のデータを可能な限りサルベージすること」。

HDDのクラッシュといっても、ディスク自体に傷があったり、
データを読み取るヘッドが完全に破損していなければ、
運がよければデータを読み出せる確立は万にいくつかはあるわけで・・・。

-- ここで脳内ミュージックスタート。曲はエヴァンゲリオンから「DECISIVE BATTLE」

まず、PCケースを開けてHDDを取り出します。
このPCは薄型の省スペース設計なので、所狭しと中身がぎっしり詰まっています。
ここでいきなりつまづきます。

HDDを本体に留めるネジが通常のプラスやマイナスではなく、星型のような形です。
しかも、マザーボードなど他のパーツをはずさないとHDDを取り出せそうにありません。
マザーボードのネジ山もまた別の変な形をしています。

仕方がないので、HDDから元の配線だけはずして、
外部接続用の電源ケーブルやUSB変換コネクタに繋ぎ替えます。
(使用したのはCENTURY社の「裸族の頭」という製品です)

これで電源を入れれば、USB接続の外付けHDDとして利用できるようになるはずです。
しかし、クラッシュの危機に瀕したHDDに何度も通電することは
データサルベージのための数少ないチャンスを潰しかねないので、
「ここぞ」というときまでとっておきます。

次に冷凍庫からおもむろに取り出した保冷剤でHDDを冷却します。
作業中だったHDDは毎分7200回転もしているため、かなりの熱を持っています。
(自動車のエンジンならレッドゾーンを振り切る程の回転ですね!)
また冷やすことで、ディスクの歪み等を抑えて、データ読み取り確率の向上を狙います。

データ吸い上げ用のPCを用意し、HDDも十分に冷えたところで作業再開です。
いざ、通電。
HDD内のディスクの回転は確認できるものの、データアクセスをする様子はなし。

HDD に繋がったUSBケーブルをPCに抜き差しするも、一向に反応なし。
かくなる上は・・・祈るだけです(笑)。

右手を保冷剤越しにHDDの上に置いて、心の中で念じます。
「動け、動け、動け・・・!」

祈ること数十秒(十数秒ではない)。
諦めかけようとしたその時・・・なんということでしょう!
ガリガリという音を立てて、HDDのアクセスランプが点滅しました。
間髪を置かず、USBで接続したPCに「デバイスを使用する準備ができました」という
メッセージが表示されます。

-- ここで脳内ミュージックがフリージングの「メインテーマ・戦闘-Ⅰ」に切り替わります。
とりあえず「私は、負けない・・・!」とつぶやいておきます。

-- 三度、脳内ミュージックが切り替わります。マクロスの「ドッグ・ファイター」です。

HDDが認識できたら、気を抜かず、可及的速やかに対象となるデータを
サルベージ用のPCへコピーするだけです。
データ吸い上げ中にHDDがクラッシュしないことだけを祈って・・・。

結局、必要なデータのサルベージが無事完了できました。
めでたし、めでたしです。
あとは、ドラゴンクエストかFFでレベルアップのファンファーレが鳴れば最高ですね!

・・・そしてここにまた一つ、新たなトリビアが生まれた。
「壊れかけのHDDからデータを取り出すためには、よく冷やすことと、強く祈ること」

信じるか信じないかは、アナタ次第です!
(だんだん何が言いたいのか分からなくなってきたので、本日はこのへんで・・・)
[PR]
by trident-it | 2011-06-27 02:45 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ18
先日(6/17)、サイバー刑法の一つとして「ウィルス作成罪」が成立しましたね。
法務省がサイトにQ&Aのページまで設けて、極力誤解を生まない努力をしています。

そりゃ、「作ったプログラムにバグがある=ウィルスの作成」とみなされたり、
ウィルスをメール等で送りつけられたユーザが「ウィルス保管罪」で
逮捕されたりしたらイヤですもんね。
e0222779_02178.jpg

ところで、ロボットといえば、機械モノ。
機械モノといえば「故障」の二文字が常についてまわることになると思います。

私は機械モノとけっこう相性が良い方で、故障で思い悩まされることは少ないです。
職業柄、この性質はありがたいことだと思っています。

たとえハズレを引いてしまった時でも、新品と交換してもらえたり、
故障の一歩手前で事無きを得たりすることがよくあります。

例えば、職場のPCトラブルでよく呼ばれたりしますが、
私がPCを撫でてあげたら調子がよくなったとか、
現場に行っただけで、それまで何事もなかったかのように普通に動くようになったとか、
異音のしていたハードディスクと遊んであげたらそれ以降、
何のトラブルもなく、2年くらいしっかり仕事してくれたとか・・・

そんなことが2度や3度ではなく、けっこうあるんです。
信じるか信じないかは、アナタ次第です。

他にも、クラブ活動で使用している機材のメーカー保障期限が切れてしまっても、
無償で修理してもらえたり、
(これはハズレを引いたわけですが)このブログの始めの方で話題にした、
H67マザーボードも先日無事に無償交換が済み、
ささやかではありますが、ノベルティまでいただきました。

こんなこともありました。
メーカー保障期限ギリギリで初期不良認定→新品交換というのも
2回ほど経験しています(モノは忘れてしまいましたが、電化製品でした)。
もちろん、ワザと壊したりなんかしていませんよ・・・!

ゲーム機のセガサターンでは、ディスク読み取りピックアップ故障
→保障期限を2ヶ月ほど残した状態で無償修理とか、

これは知人の話になりますが、値切るために呼ばれて買いに行った液晶TVが
保障期限を1ヶ月残して画面の調子が悪くなり、修理のはずが、
パーツの在庫がなく、一回り大きな画面になって新品交換とか、

これも知人の話になりますが、やはり液晶TVで、保障期限は過ぎていましたが、
どうしようと相談されたので、電気屋さんに交渉してみては?
・・・と、アドバイスしたところ、修理どころか新品になって帰ってきました。
しかも、同じモデルは在庫無しということで比較的新しい型になっていました。

・・・まあそんな隠された能力を持っているわけですが、
特に自分に利益が薄いところでその能力は最大限に発揮されるようです(笑)。

信じるか信じないかは、アナタ次第です(←もういいって・・・)。
[PR]
by trident-it | 2011-06-21 01:55 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ17
電力会社の株主総会で、放射性物質を撒き散らす可能性のある原子力発電に
多くの株主が団結してノーを叩きつけたというニュースを読みました。
電力会社側は、当然のことながら反対の意向を示しています。
今後の動向に注目です。
e0222779_0265677.jpg

ところで、ロボットといえば、完全変形ですよね!
完全変形といえば、自動車がロボットに変形する、トランスフォーマーですよね!
・・・というわけで、下の写真ですが、
e0222779_0293815.jpg

今、amazonでBlu-ray Diskが2枚で3,000円キャンペーンをしていまして、
「2,980+2,980=3,000円」という数式に、思わずポチってしまったわけですね。
映画の第3弾の封切りも間近ですし、これでしっかり復習ができるというものです。

私の世代には「総司令官コンボイ」として馴染みのある、パッケージ中央の彼ですが、
「オプティマス・プライム」という名前もカッコいいですね。
以前、CG学科の教室にお邪魔したときに、彼の特大ポスターがばばーんと
貼ってありましたが、現在も健在なのでしょうか?
明日にでもこっそり確かめに行ってみようと思います。


追記:
CG部屋に・・・いらっしゃいました!
教室の後ろの壁に、その存在感を撒き散らして・・・!
オプティマス・プライム△!
[PR]
by trident-it | 2011-06-14 01:14 | 週刊ロボゼロ
つつがなく終了したようです。
6月8日(水)午前9:00から9日(木)午前8:59まで、
「World IPv6 Day」というものが開催されていました。

現在インターネットで主流のIPv4のアドレスが枯渇するため、
次世代のIPv6のアドレスに移行しようというので、その世界的なテストをする日でした。
いくらか課題はあったにせよ、大きな問題もなく終了したようで何よりです。

自宅のインターネット回線がNTTのフレッツ光なので、何かあるかと心配していましたが、
こちらもいつも通り普通にインターネットにアクセスできました。
想定外の結果で・・・いや、期待を裏切られた感じで・・・もとい。
ニュースになるような問題が起こらなくて、何よりでした。
・・・べ、別に何かを期待していたわけじゃないんだからね!  (←こらこら)

IPアドレスはインターネット上の住所みたいなものなのですが、
IPv4とIPv6では互換性がないため、どのような問題が起こるかを事前に実験することが
今回の大規模テストの目的だったので、無事に実験が終了してめでたし、めでたし。

・・・IPv4とIPv6で互換性がないのは仕方がないとして、同じIPv6同士のくせに、
NTTのIPv6とそれ以外のIPv6の間に互換性がないというのは何故なんでしょうね?
[PR]
by trident-it | 2011-06-09 23:46 | 徒然なる日常
週刊ロボゼロ16
Appleの開発者向けカンファレンス、WWDC2011が盛り上がっているようですね。
CEOのスティーブ・ジョブズも健在のようで何よりです。
e0222779_0591860.jpg

ところで、ロボットといえば、その動作を制御する基本システム
つまりOS(オペレーティング・システム)のデキの良し悪しが大切ですね。

冒頭のWWDC2011の目玉の一つはもちろん、iCloudサービスでしたが、
AppleはOSの新バージョンを2つも発表しました。
PC用のMac OS X の最新版Lionと、iPhone、iPad等モバイル端末用のiOS5です。
中でもiOS5とiCloudサービスを組み合わせて、
日常主に携帯端末を使用するユーザに対しては脱PC化の動きを本格化させそうです。

新OSのLionは新機能満載ながら、ダウンロードのみの販売で2,600円だそうです。
iOS5に至っては、今年秋に無償アップデートで対応するようです。

先日その機能の一部が公表されたMicrosoftのWindows8もモバイル系・・・というか、
タッチパネルでの操作も考慮した設計になっていました。

そういえば先々週あたり、MSの携帯電話用のOSも発表されていましたね。
Windows Phone 7.5 「Mango」。
iPhoneやAndroid携帯に押されっぱなしのMSは巻き返しが図れるのでしょうか?
[PR]
by trident-it | 2011-06-08 01:57 | 週刊ロボゼロ