<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
週刊ロボゼロ27
夏休みをとって、携帯電話もインターネットもTVも使わない生活を1週間くらいしました。
自分にとっても、他人にとっても、特に大きな問題はなかったようです。

あ、さすがにTV番組(アニメですが・・・)の録画予約だけはさせていただきました。

最近の機器は性能が良いので、
よくオンエア時間が変更される深夜時間帯のTV番組(アニメですが・・・)も
漏れなく録れていて、さすがですね!

しかし、TVをつけて最初に見たニュースが
「首相が正式に退陣を表明」って・・・。
わが国では、もうこの季節の風物詩になってしまいましたね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
e0222779_0205443.jpg

ところで、ロボットといえば、敵を蹴散らすための武器ですよね!
ブレストファイヤーとか、超電磁ヨーヨーとか、バスタービームとか、
ビームサーベルとか、ファンネルとか、ポジトロンライフルとか・・・胸熱ですね!

・・・架空のお話ならいざしらず、陸上自衛隊は「富士総合火力演習」と銘打って、
実弾約40トン、実に3億2000万円相当を1時間半で使い切ったそうです。

国の借金1000兆円、国民1人あたりの借金900万円を考えると複雑な気がします。

そうは言っても、実弾は消費期限の迫った弾薬を使っているでしょうし、
9条で戦争を放棄しているとはいえ、丸腰だと日本に攻め入ってくる国もあるでしょうし、
そういったことも考えると、またまた複雑な気がしてしまいます。

「平和ボケNIPPON」笑っていられない現実が、そこにあるような気がします。
「夏休みボケ、オイラ」当面の仕事の失敗は、笑って許してもらおうと思います。
[PR]
by trident-it | 2011-08-28 23:55 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ26
世間では、お盆休みですね。
私もしっかりとお盆休みです。

ところで、例の雨女さまですが(だんだん昇格しているような・・・?)、
学生時代の同級生何人かと1泊でキャンプに行ったそうな。
前後を見渡しても、その日だけピンポイントで天気予報に雨マークがついていたそうな。

ほんと、ハズさないですね。
さすがです。
e0222779_005680.jpg

さて、ロボットといえば、やっぱりカッコ良さですよね!
さらにスマートに変形なんてしたら、もう失神しちゃいそうですよね!

そこのところ、よくわきまえているのが映画トランスフォーマーの第3弾ですね!
もうこれでもかって言うくらい、ガチャンガチャン変形しまくっていました。
ちゃんと購入したブルーレイ(2枚で3,000円)で予習してから観に行きましたよ!

今回初参戦のメルセデスAMGや真っ赤なフェラーリもカッコ良かったのですが、
変形こそしませんでしたが、黄×黒塗装のダットサン510の登場が泣かせます。
ダットサン510、日本名ブルーバード。日本車の中でも、いぶし銀の選択です。
同じ日産車のラインナップでも、フェアレディZやGT-Rを選択しなかったところに、
映画スタッフの車にかける情熱が伝わってくる、そんな感じです。

その日は映画館にも個性的な車が何台か止まっていました。
AC SCHNITZERで外観をシックに武装したシルバーのmini COOPERや、
ALPINAチューンの濃緑色のBMW(純正のMじゃないところがニクイ!)など・・・。

それにしても、最近の車のデザインは個性がなさ過ぎて面白くないと思いませんか?
せめて外観だけでも60年代や80年代くらいにしてもらえないのだろうか?
もしくは、ボディをおもちゃみたいに簡単に取り替えたりできるようにならないだろうか?
[PR]
by trident-it | 2011-08-15 23:54 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ25
今日は「立秋」だそうです。
今日から「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」なんですね。
セミの声も盛大に暑さ真っ盛りで、どのへんが残暑なのかと小一時間(ry・・・

知らなかったのですが、「立秋」「立冬」などは年によって日付が前後するんですね。
「立秋」は、今年は「8月8日」ですが、昨年は「8月7日」だったそうです。
e0222779_017119.jpg

さて、ロボットといえば、時代の最先端ですよね。
先ほど某民放のWBSを見ていたら、最先端のお墓事情を特集していました。
早目なのですが、昨日、お墓参りに行ってきた身としましては、
親近感を覚えて・・・というのは何か違う気がしますが、番組をじっくりと見てしまいました。

都会の真ん中のビル内に超ハイテク化した集合墓地があることは知っていましたが、
今日の番組では、忙しかったり遠かったりして縁遠くなりがちなお墓参りを
パソコンや携帯端末からアクセスして、墓参りを身近なものにしてしまおうというものや、
逆にお墓へ足繁く通ってもらうために、ポイントカードを発行するところまで出てくる始末。
ポイントに応じて仏花や線香などをプレゼントするんだとか・・・。

そこにニーズがあるからサービスが生まれるのは必然として、、
どこまでがビジネスとして許されるのかも分からなくなりそうな気がします。

よくよく考えてみると、国際結婚とかすると、先祖の墓参りは当然外国へ行くことになる。
また、そう遠くない未来、人類がその生活圏を宇宙空間にまで広げていくと、
盆休みにちょいと墓参りというわけにもいかなくなることも考えられる。
そういう意味では、ネットで墓参りはOK・・・なのか?

さすがに墓参りにポイントカードはいかがなものかと思っていたら、
番組内でインタビューに答えていた女性が
「わたしポイント大好きなの。(墓参りに)通っちゃうわよねー」
・・・というようなことを笑顔で言っていたところを見ると、これもOK・・・なのか?

お墓に押し寄せるITのビッグウェイブ、恐るべし・・・。

そのうち、ロボットの墓なんていうのも出てくるのでしょうね。きっと。
[PR]
by trident-it | 2011-08-08 23:55 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ24
「風呂は命の洗濯よ」・・・誰が言ったか、そんな名言があります。

一日の疲れを癒す、大切なバスタイム。
そこになくてはならないものがあります。

私のマストアイテム、それは牛のマークの青箱で有名な「牛乳石鹸」。
旅先にも持参するほどの愛好家ですが、
100年を超える歴史があることは知らなかったです。

・・・何!?
赤箱もあるのですか?
通常のものに比べて、3倍×××なわけですね。分かります。
e0222779_072852.jpg

さて、ロボットといえば、ハイテク満載な感じが素敵ですよね。
実は最近知ったのですが、
行きつけのショッピングセンターイオンの立体駐車場のシステムがなんかすごいんです。

駐車場に入ると、あっちに何台、こっちに何台止められるとか、
そこは空がないとか分かるんです。
駐車場の場所も緑と赤のランプでガイドが出て、駐車の可否を示しています。

わかりやすい。駐車場内の空を求めて、無駄にグルグル回ることも必要ないんです。

・・・それだけではないんです。
広大な立体駐車場では、どこに車を止めたか分からなくなること、あると思います。
そんな悩みを解決するために、店内のインフォメーション端末を操作することで、
その場所から自分の車を止めた場所までの行き方を表示することができるのです。

例えば、車のナンバープレートの番号を入力したり、
駐車券の入庫時間から検索したりできるわけです。
しかも表示結果は自分の車の(総天然色!つまり、カラー)写真つきなんです。

いや~、けっこうびっくりです。
インフォメーション端末を操作して、はしゃいでしまいました。
通りすがりのお客さんに白い目で見られていたことに気付かなかったのは、内緒です。
[PR]
by trident-it | 2011-08-01 23:54 | 週刊ロボゼロ