<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今年もノルマ達成です。
1年に1つ、IT系の資格試験を取得することがなんとなくの目標になってもう幾年。
イチローの年間200本安打に比べると些細なことではありますが、
今年もなんとか滑りこみセーフで、めでたくノルマ達成です。
(本家イチローは残念でしたが・・・。それでも当面は誰も抜けない偉大な記録ですね)

ちなみに、今年取得したのはLPICの301という資格です。
6月に「あと1年で保有資格の有効期限が切れるよー」と封書が送られてきて
最近も「あと半年で期限切れるよー」とハガキが送られてきていたので、
これで一安心です。

「資格を持っている=仕事ができる」わけではありませんが、
自分が勉強した成果として資格を取得できたことは素直にうれしいですね。
はてさて、来年は何の試験にチャレンジすることになるのやら・・・?
[PR]
by trident-it | 2011-12-27 23:38 | 徒然なる日常
はしる~はしる~おれ~たぁ~ちぃ~
(すみません、タイトル倒れです。私は走っていません。)

朝の通勤時、バスを降りたら地下鉄のプラットフォームまで猛ダッシュ。
今朝はいつもより多くの方が疾走していきました。
中にはヒールを履いた女性もいらっしゃいました。
バスの運行が大きく遅れたわけでもないので、なぜなんでしょう?

最近朝晩はめっきり冷え込んでいるので、
いきなりの運動はヒザ や足首、アキレス腱を痛めてしまいそう・・・
などと、いらぬ心配をしてしまいました。

その点私はいつも時間にゆとりを持って通勤しているので、
走って、息をきらせて、身だしなみも崩れて・・・なんて、
慌てたりすることはめったにありません(ドヤ顔)。

・・・すみません、ウソつきました。
いえ、ウソではなくて、自分に都合よく話をしました。

実際は
市内在住のわりに交通の便が悪く、バスの時間が限られるので、
結果としてゆとりを持った通勤を強いられているだけです。

なにはともあれ、たとえ労災の対象になろうとも、
通勤時にお怪我をなされないよう皆さんお気をつけくださいませ。
[PR]
by trident-it | 2011-12-21 10:31 | 徒然なる日常
週刊ロボゼロ42
アルカイダの指導者とリビアの指導者に続いて、隣国の指導者も亡くなった。
原子力発電の安全神話も含めて、終わるべきものが終わるべくして終わった。
終わるといえば、秋の深夜アニメも今週はいよいよ最終回ラッシュを迎える・・・
e0222779_021442.jpg

さて、ロボットといえば、男のロマンと憧れの塊ですよね!
(もちろん、ロボフェチの女性も歓迎です。)

男のロマンと憧れといえば、某国営TV放送局がやっている番組「ブラタモリ」。
2週にわたって知られざる東京の地下鉄の舞台裏を総力特集しておりました。

地下鉄の歴史から整備工場、実物大シミュレータや
秘密の通路を通って使われなくなった駅へ降り立ったり、
サンダーバードや地球防衛隊の秘密基地もかくやという
地下鉄の司令室の見学など、内容も盛りだくさんで、
まさに、男のロマンと憧れですよ(本日3回目)。

2週目の放送は今日、録画したものをようやく観ることができました。
いやー、満足満足。
大人の社会見学的ノリの番組は楽しいですよね!

ロボット好きの目線からは、地下鉄の車輪をバラしたときの
オイルに濡れて妖しく光る巨大なギアの存在感がなんとも言えず良かったです。
見えないところで壊れずきちんと仕事をしているところにもシビレますよね!
[PR]
by trident-it | 2011-12-19 23:56 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ41
本屋さんで平積みの書籍の上に自分の荷物を置いて
平然と立ち読みしている人を時々見かけるのですが、
とても残念な気分になります。

また、スーパーでも肉や魚のような要冷蔵品が調味料の棚や惣菜コーナーに
ひとつだけポツンと放置されている光景を見るのも、とても残念な気分になります。
e0222779_01043100.jpg

さて、ロボットといえば、いろいろと作業を自動化してくれますよね。
先日、年に一度の人間ドックを受けてきたのですが、
体重を量ったり、身長や視力、血圧を測ったりするのは
スタートボタン一つで残りの作業は全自動で計測から
サーバーまでデータ転送できるようですね。

さすがに採血や腹部のエコー検査等は全自動とはいかず、
看護師さんが手馴れた手つきで粛々と作業を進めていらっしゃいました。

また、検査中に看護師さんが事務的な口調で淡々と語りかけます。
「(採血して)ご気分はわるくないですか」
「はい、息を吸ってー・・・そこで止めてくださーい」
「はい、息を吐いてー・・・楽にしてくださーい」

情感いっぱいに話される方がおかしなことになるのは分かるのですが、
事務的で淡々とした口調も、看護師さんと病院というシチュエーションと相まって
変な妄想が暴走しておかしなことになりますよね?

これが禁じられた遊び、これが秘密のお遊戯会、これが背徳のプレイ。
よいこはマネしないでください・・・みたいな(笑)

さて、プレイといえば、バリウム飲んで発泡剤飲んで胃の検査ですよね!
さながら動くまな板の上で薄物一枚羽織っただけの格好で、
医者の指示であんなポーズやらこんなポーズやらをとらされるわけです。

当の本人は何度となくこみ上げるゲップとの闘いで
屈辱を味わう暇もなく時間が過ぎ去っていくのが
せめてもの救いと言えるのではないでしょうか。

あの時の姿を冷静に振り返ってみると、健康診断といえ、
なんという罰ゲーム、なんという羞恥プレイか・・・と。

こういう部分で早く科学が発展して、CTやらMRIのようなボディスキャンで
総合的な健康診断ができるようになって欲しいですね!
(これを言うために、なんと無駄に遠回りをしたことか・・・)
[PR]
by trident-it | 2011-12-12 23:52 | 週刊ロボゼロ
イチ、ニ、「ヨン」になりましたが・・・
同僚にも先を越されてしまいましたが、行ってきました、映画「けいおん!」。

相変わらず(絵が)よく動くところがいいですね。

人生で初めて楽器を一生懸命練習して、バンドを組んで、学園祭で演奏をした曲が
けいおん!の「ふわふわ時間」と「翼をください」なので、
映画を観ながらいろいろと思い出してしまいました。

ちなみに私の所属するバンドの名前は「放課後残業タイム」(略してHZT)です。
主な練習時間は学園祭前の放課後の残業時間なので、ひねりも何もない訳ですが。
(一口メモ:残業といっても有志による自主的な活動ですので、無報酬です(泣))

また、今回の映画の舞台になった英国はロンドン。個人的に行ったことがありまして、
劇中に出てくるあんなところやこんなところも行った行った!
・・・みたいな感じで、内心はしゃぎながら映画を観てきました。

さて、これから「けいおん!! 24話」を観てから寝ることにします。
[PR]
by trident-it | 2011-12-04 23:54 | 徒然なる日常