<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
週刊ロボゼロ51
私がお守りをしているサーバーの設定がなかなかうまくいかず、頭を抱える今日この頃。

昨日に至っては残業のあげく、
最後の最後にその日設定したデータがすべて消失するという最悪の事態に陥り、
ショックのあまり(密かに更新した)ブログの連続更新記録もあっけなく潰えるという
まったく笑えない経験までさせていただいた。

幸いなことに、唯一無事だったバックアップから現状復帰が可能だったこともあり、
一昨日の最後の状態まではかろうじて回復することに成功した。

この辺のメンタル面での回復の早さは、
幼少の頃に「ぼうけんのしょはきえてしまいました」というメッセージが表示されたり
ラスボス直前のセーブデータを家族のものに(悪意なく)上書きされたり
この仕事についてからも、壊れる率の少ないRAID5のシステムが壊れたり・・・
といった通過儀礼を経験してきたからである。
e0222779_11947.jpg

さて、ロボットといえば、メンテナンスが大切ですよね!
日々きちんと整備することで、個体としての寿命を延ばすことができます。

往年の名作、銀河鉄道999でもそんなことを言っていましたね。
999では星野鉄郎が機械の体を手に入れて永遠の命を得ようとするところから
物語は始まりましたが、爺さんが着ぐるみよろしくハリボテの中に入って
ロボットとして振る舞うというトンデモ映画「ロボジー」が現在上映中です。

ロボット爺さんだけかと思いきや、「コンピューターおばあちゃんの会」なる組織も
実在するようで、こちらは「デジタルシニア」と呼ばれる層の旗振り役をしています。

ちなみに統計では、デジタルシニアの方はそうでないシニアの方と比べて、
自分の体のメンテナンスにより多くの関心を持ち、時間を使っているそうです。

私もシニアにはまだまだ遠いと思っていますが、ミドルには確実に近づいているので
ナイスミドルを気取れるように腹回りのメンテナンスにはそろそろ本腰を入れないと・・・。
[PR]
by trident-it | 2012-02-16 23:58 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ50
「マイナンバー法案」が閣議決定されて、国会に提出されたそうな。
どこぞの電話番号サービスのような名前ですね(あれ、ホントにあるよー)。
「マジックナンバー」なら少しはワクワクするかも・・・
いやいや、プログラミングでは禁じ手ですね。
e0222779_23443892.jpg

さて、ロボットといえば、メンテナンスや保守は大切ですね!
ましてや重大な欠陥が発見されればメーカーリコールして欲しいですよね。

私がバッテリーに発火の恐れがあるとして第一世代のiPod nanoに無償修理が
アナウンスされたのを知ったのは数ヶ月前のことです。
そのしばらく前に、バッテリーがヘタっていたので新型に買い換えたばかりだったので、
自分のiPodがリコール対象のシリアルナンバーかどうか調べるのも面倒だったこともあり
スルーしていました。

しかし、今年になり、再びリコールの記事をネットで見かけました。
その記事には、すでに第一世代の在庫が尽きたためか、修理依頼をすると
私が買ったのと同型の最新のiPod nanoが返送されてくるとのこと。

話のタネも兼ねてアップルのサイトで手続きしたところ、
宅配業者が自宅まで(!)ピックアップにきて、待つことおよそ一ヶ月。
ホントにやってきました、新型のiPod nano!

一つのものを大切に長く使うと、こういうこともあるのですね。
あまり製品の欠陥を認めないアップルですが、リコールを決めたときの対応は
なかなかのものです(たまたまかもしれませんが・・・)。

ちなみに、戻ってきたiPodは家族のものが使用しております。
[PR]
by trident-it | 2012-02-14 23:56 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ49
「風呂は命の洗濯よ♪」(by 葛城ミサト)
久しぶりにこの言葉を実感する日でした。
鼻の下まで湯船に浸かって、ついつい長風呂になってしまいます。
e0222779_23303868.jpg

さて、ロボットといえば、人型であればしゃべる事も必要・・・ですね(ホントか?)。
22世紀から来た猫型は良くしゃべるようですが・・・。

先程、某TV局のWBSという番組で「声ビジネス」を特集していた。
最近テレビ、雑誌でよく目にするスマホアプリの「朗読少女」(OTOBANK)やら
好感度の高い「モテ声」を診断するツール「VQチェッカー」(声総研)やら、
twitterのようなコミュニケーションツールを声で投稿できるようにしようということも
視野に入れている「こえ部」(カヤック)の活動などが紹介されていた。

あれ?声総研の発起人の一人は「こえ部」のプロデューサーさんなんですね。

他にも、美術館等で活躍している音声ガイドの街中観光版のようなものも
東京都と国土交通省がスマホアプリとして開発したことなどが紹介されていた。

文字データに比べて音声データは容量を必要とするが、
文字データだけで伝えるよりも、伝わる感は相当高くなるように思われる。

SkypeやLINEに代表される無料通話ソフトで通信回線がパンクする今日この頃ですが
時代のニーズは容赦ない方向に向かいそうな気配がムンムンですね!

そうかー、次回の「天空の城ラピュタ」のTV放映時は
文字通りみんなの声でつぶやいたり絶叫したりの祭りになるのですね・・・わかります。

その時、インターネットの回線と人間の団結力のどちらに軍配があがるのか楽しみです。
[PR]
by trident-it | 2012-02-13 23:58 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ48
NTT docomoに続き、auが大規模な携帯電話の通信障害を起こした。
スマートフォンの急速な普及でネットワークに大きな負荷がかかっているために
通信機器が悲鳴をあげるのか、最近この手の障害が多発している。
パケットの定額制見直し(廃止)だけでは切り抜けられない問題のように思う。
e0222779_2354016.jpg

さて、ロボットといえば、安全第一ですよね!
特にロボットアニメの整備班の姿が描かれるシーンでは標語としてよく登場しますね。

本日、福島第一原子力発電所の2号機の温度が上昇し、
冷温停止状態を維持できないとの報道がありました。
年末の原発事故収束宣言はいったい何だったのでしょうか?

そもそも安全な「冷温停止」ではなく、なんとか「それっぽい状態」というとんでもなく
いい加減な言葉を作ってまで安全を謳ってきたことも、問題ではないでしょうか。

後は、気まぐれな温度計の茶目っ気であることを祈るばかりです。
また、最前線の現場で働く方々の安全をお祈り申し上げます。

パトレイバーという作品に登場する、
警視庁警備部特科車両二課の整備班班長、榊のおっちゃんがこんな事を言っています。
「どんなに技術が進んでもこれだけはかわらねぇ。機械を作る奴、整備する奴使う奴。
人間の側が間違いを起こさなけりゃ、機械も決して悪さはしねぇもんだ」
[PR]
by trident-it | 2012-02-12 23:55 | 週刊ロボゼロ
建設会社のCMがすごい・・・!
桜の花びらが舞う中をハイジャンプの女学生がフィールドをかけ抜ける。
「あの頃、跳べなかった1メートル65センチを・・・」
モノローグが入る。

美しい映像に澄んだ音楽と歌声が重なる。
「(『秒速5センチメートル』の)新海誠監督の最新作のように見えるが・・・?」
驚きと興奮で、私の目は画面に釘付けである。

しかし、劇場版アニメーションのCMかと思って観ていたそれは、
最後に「大成建設」と出たのを見て、2度びっくり。

CM放映後、しばらく呆然とする。
建設会社のCMでアニメ。しかもクオリティ高過ぎ。
新海監督の作品に思えたが、建設会社のCMで・・・?

結局、Google先生のお世話になること数分。
紛れもなく、建設会社のCMだった。
紛れもなく、新海誠監督の最新作だった。
どうやら昨年の12月中頃からオンエアされているらしい。
(最近は録画ばかりでCMとばしてたしなぁ・・・)

チラ裏ですが・・・
新海監督は昨年の夏休みにトライデントで特別講演会があったので
そのときお会いしたことがあります。
私の担任するクラスの学生も何人か参加し、皆サインをもらっていました。
仕事の都合で講演会を途中退席させられる羽目になったことが残念でなりません。

また、今作品は「トルコのボスフォラス海峡にでっかいトンネルを掘っています」
・・・というCMで、以前トルコに旅行したとき、現地ガイドさんから
日本の大成建設が海底トンネルを作っていることを聞いたことがあったので、
自分にとってインパクトが大きかったのかもしれません。
[PR]
by trident-it | 2012-02-11 16:16 | 徒然なる日常
ありがとう
・・・の気持ちを受けとった。
大きな花束とみんなの顔写真入の一言集。
e0222779_17121743.jpg

この仕事をしていて「よかった」と思う瞬間のひとつ。

私からもみんなへ
「ありがとう」

まだ成績発表と卒業式を残しているので、
ちょっと気の早いサプライズ・イベントになりましたが(笑)。

そうはいっても、肩の荷も少し下りたことですし、
これから(独りで)酒盛り、酒盛り・・・!
[PR]
by trident-it | 2012-02-10 23:57 | 徒然なる日常
週刊ロボゼロ47
向かいの家の屋根は薄っすらと雪景色。
明日の朝は少しゆとりをもって出勤する必要があるかもしれないと思うと
ちょっと憂鬱になります。
e0222779_2338239.jpg

ところで、ロボットといえば、安定稼動が大事ですよね!
同じ作業を何度も何度も正確に、同じスピードでこなす。

ところが最近、某大手携帯電話会社の通信トラブルのニュースをよく耳にする。
スマートフォンの急速な普及によるパケットの増大が主な原因という。
増大するパケット量の見積もりが甘かったことをすぐに認めなかったことも原因か。

通信が繋がらなくなると困るが、昨年末には自分のメールアドレスが
あろうことか他人のメールアドレスに置き換わってしまう事象まで起きている。
繋がればいいってモノではない。これは世界的にも例を見ない異常事態である。

ここからが本題になるが、特定電話会社のバッシングをするのが本筋ではなく、
個人情報が漏洩したかもしれないセキュリティインシデントの発生にもかかわらず
世間の関心の度合いがとても低いように思われる。

昨年春から夏にかけて、世界規模でサイバー攻撃が頻繁に行われ、
個人情報が何十万件単位で漏洩など連日のように報道されていたことも
「またか」と思わせる原因になっているのかもしれない。

以前はソフトバンクが契約家庭すべてに500円分の商品券を送っても
叩かれまくっていた時もあったが、今は謝罪の紙切れ1枚送るか送らないかでも
それほどの騒動になってはいないように思われる。

「慣れって怖い」ですね。

これからパソコンよりも個人情報の宝庫であるスマートフォンへの攻撃が
より本格化していくことが確実な現在、初心に帰って
個々人がセキュリティ対策への関心を持つことが大事だと思います。

インフラ系の会社の方には安心で安全なシステムの安定稼動をお願いします。
[PR]
by trident-it | 2012-02-02 00:57 | 週刊ロボゼロ