<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
週刊ロボゼロ59
私が訪れるときには必ず
その時間その店その場所で、いつもアイスコーヒーを飲んでいるあの人。
コーヒーを一口飲んだ後、ガムシロップを6個、几帳面に注ぐあの人。
期間にして半年くらいの、もう見慣れてしまったいつもの光景だ。

しかし、ここしばらく、あの人を見ていない。
挨拶すらもしたことがない人だが、
いつもと違う風景は、なんとなく私を不安にさせる。
e0222779_10125590.jpg

さて、ロボットといえば、より良い技術を追求した結果の産物ですよね!
そして、より良い技術は我々の生活を豊かにしてくれますよね!

いつものことですが、夕食時(!)にリアルタイムで観ていた某局の「ガイアの夜明け」で
「危機を救う新技術」と題して、とある温泉街の枯れてしまった温泉を復活させようという
プロジェクトのドキュメンタリーをやっていました。
最終的には見事枯れた温泉に再びお湯が湧き、めでたしめでたしと相成ったわけです。

取り組んだ技術者の人もうれしそうでしたが、
何より生活のかかった温泉街に働く人達の笑顔が印象的でした。

しかしこのストーリーには、もう一つの「ガイアの夜明け」と言えるような話があって、
それも大きな引き金になったのではないかと思っています。

この温泉街は金沢にある湯涌温泉で、ちょうど一年前にこの温泉街をモデルにした
アニメ「花咲くいろは」で湯乃鷺温泉街として登場します。

一躍、聖地巡礼の名所として名が売れ、劇中で架空のお祭りだった「ぼんぼり祭り」も
地元の観光協会主催の祭りとして開催したほどです(協会のHPにも掲載されています)。

そして、これを機にさらなる温泉街復興を模索した結果が
今回のガイアの夜明けに繋がったのではないでしょうか。

また、アニメの制作会社もお隣の富山県に居を構える実力派集団「P.A.WORKS」で、
地元北陸の町興しに一役買ったかたちです。

番組中、そのぼんぼり祭りの舞台となった(雪景色でしたが)お稲荷さんのお社で
おじいさんが手を合わせているのを見て、このことを思い出した次第です。

同様に、地元のアニメ制作会社が町興しのきっかけになった事例として、
徳島県にもスタジオを構え、春から放映の「Fate/Zero」2ndシーズンも好調な
「ufotable(ユーフォーテーブル)」が企画する「マチ★アソビ」があります。

「マチ★アソビ」とは、さだまさしの小説でも有名な「眉山」界隈を舞台に繰り広げられる
アニメ系の一大イベントで、ゴールデンウィークには8回目の実施が決定しています。
昨年は私の担任したクラスの学生も何人か参加したと聞いています。

その学生たちもこの春からは社会人一年生として、立派に働いています。
いづれ、人の生活を支える技術者として育って行ってください。陰ながら応援しています。
[PR]
by trident-it | 2012-04-11 02:14 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ58
去る4/7、マイクロソフト主催のImagine Cup 2012 日本大会において、
ゲームデザイン部門の最優秀賞の栄冠を本校が射止めました。
おめでとうございます!

残念ながら、情報系はソフトウェアデザイン部門の予備審査で
無念の敗退を喫しております。

大会の速報的なレポートを見聞きする限りでも、
ソフトウェアデザイン部門のファイナリストに選ばれた作品は
かなりレベルの高いものばかりだったようです。

さあ、2013年度の大会に向けてまた一から新メンバーを募って再スタートです。
e0222779_0115069.jpg

さて、ロボットといえば、最新技術。
中でもガジェット的なものは手軽な感じでいいですよね!

先週あたりからGoogleのAR眼鏡「Project Glass」が何かと話題です。
アニメ「電脳コイル」に登場する眼鏡に例える人もいるようです。が、
眼鏡ということを無視すれば、攻殻機動隊のイメージの方がしっくりくるような・・・。

何ができるのかと言うと、眼鏡のレンズにARで情報を表示し、
音声認識による操作で検索をしたり、メールを送ったり、TV電話をしたりできます。
詳しくはyouTubeで「Project Grass: One day...」という動画を観てください。

この手の動画と言えば、さすが外国の方は面白いことを考えますね。
「Windows Project Glass: One day too...」という動画がアップされています。
マイクロソフトがAR眼鏡を作ったら・・・というパロディ動画です。

やたらアラートが連発されて、しかもしつこいという・・・。
そして最後はそこに落ち着くか、というオチがつきます。

しかし、どこまでがリアルでどこからがCG合成か区別ができないくらい
技術は進歩しています。本当に面白い時代になりましたねぇ。

※AR(拡張現実):現実の空間にデジタルデータを重ね合わせることで、
 視覚から得られる情報により多くの意味を持たせることができる技術。
[PR]
by trident-it | 2012-04-10 01:04 | 週刊ロボゼロ
週刊ロボゼロ57
今日はお花見。
右手には飲み物、左手にはお菓子の子袋を持って
コンビニからコンビニへとハシゴをしながらの道々、
のんびりと桜を愛でる。

昨日までは寒い日が続いていたので、ようやく春だなぁ・・・と実感した日でした。
それでもまだ、朝晩は風が冷たいですね。
e0222779_23293871.jpg

さて、ロボットといえば、どんなに制御が複雑だとしても、正しく動作すること・・・ですね!

テレビ番組とかで見る、工場のオートメーション化された生産ラインを製品が流れて
だんだんと形になっていく様にはいつも感動させられます。

ミリよりももっともっと細かな単位で機械を造るハードウェアのプロと
その機械を正確に操るソフトウェアのプロの仕事によるコラボレーション。
その技術力の高さはまさに日本のお家芸。
いい仕事してますねぇ。

また、日本のお家芸といえば、ゲーム・・・ですね!
ところが、こちらのゲームが最近あまりよろしくない。

FF14、NEWラブプラス、魔法少女まどか☆マギカ ポータブル・・・
(会社で言えば、スクエニ、コナミ、バンナム・・・の超が付くほどの大手揃い)
といえばお分かりだろうか。

いずれも一定数以上のファンがおり、鳴り物入りで登場したにもかかわらず、
ゲーム進行が止まる等の不具合が多発し、サイトで謝罪文を掲載する事態にまで
発展している。

さらによろしくないのは、不具合を解消するパッチをリリースするとしながらも
抜本的な対策ではないようで、今後も追加パッチをリリースするような
泥沼な展開が予想されることだ。

ソフトウェア開発における不具合は他人事ではないので、これを機会に
心の紐を結び直して行きたいと思います。
この春には「システム設計」という怪しげな名前の授業も担当するようですし・・・
[PR]
by trident-it | 2012-04-08 23:17 | 週刊ロボゼロ