<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
週刊ロボゼロ75
機械天使といえば、かつては創聖の書に記されたアクエリオンでしたが、
その認識が代わりそうな出来事がおこりました。

天使のように愛らしい、機械少女なるものが日出ずる国に降臨されたそうです。

ネットに公開されている分解?写真はちょっとしたサイバーパンクな感じがあり、
攻殻機動隊ARISEの映画公開を控えたこの時期に話題になったのも、
何かの縁でしょうか。

さて、ロボットといえば、ロボゼロや産業機械のアームロボのような
無骨な形を思い浮かべると思います。

…が、時代は加速しています!

24個のサーボモータを搭載したロボットフレームが
なんと、ソフビ製(※1)の美少女ドールと出会ってしまったのです!
しかも身の丈はボーメスケール(※2)もかくやの60cmというから驚きです。

しかも、超音波、視覚、聴覚、タッチなどの各種センサを搭載し、
Bluetoothを経由してAndroid で操作もできてしまうようです。

二足歩行ができないことや、電源が外部供給な点は残念ですが、
そんなことが些末なことに思えるほどのインパクトがあります。
(まず、機械部分がすべてドールのボディ内に収まることが素晴らしい…)

ドール部分は3DのCADやCGソフトでモデリングし、
今まさにブレイクしようとしている「3Dプリンタ」を使ってパーツを出力して、
それを元に金型を作成し、量産化しています。

制作は「culture japan(カルチャージャパン)」の仕掛け人Danny Choo氏で
美少女ドールは同「culture japan」のマスコットキャラクター
「末永みらい」さんをモデルに制作されています。

また、このロボットドールを「スマートドール」と呼称しているようです。

後は、彼女を自宅にお招きする支度をはじめ…
おっと、こんな時間に誰か来たようだ。


※1:ソフビ製
ソフトビニール製のこと。キューピーちゃんや、リカちゃん人形が有名。

※2:ボーメスケール
ビッグスケールの美少女フィギュアの原型師といえば、海洋堂のボーメ氏。
その氏の作る美少女フィギュア独特の大きさを指す言葉。
[PR]
by trident-it | 2013-06-20 23:03 | 週刊ロボゼロ
何にしろイヤな話。
NPB(日本プロ野球機構)が統一球をよく飛ぶように仕様を変更したが、
その事実を隠ぺいするためにメーカーに口止めしていた問題で、
景気のいいホームランの乱打戦よろしく日本が盛り上がっている
その地球の裏側のアメリカでは、「PRISM(プリズム)」と呼ばれるシステムで
こちらも相当に盛り上がっている。

PRISMとは、米国の国家安全保障局、通称NSAが
米国の大手インターネット関連企業のサーバから
広範囲にわたる個人情報を収集していたのではないかという問題で
やり玉に挙がっているシステムである。

そして、その情報は内部告発によってもたらされたという。
現在の米国側の正式なコメントとして、
「法律上認められた情報収集を容易にするために利用される政府内部のシステム」
とされているようだ。

一応頭に「諸外国の情報活動に関する」という言葉がつくようであるが、
インターネットは世界中とつながっているため、事実上
米国内のネット利用者も当局の監視下にあるということになる。
なんともぞっとする話である。

テロを未然に防ぐための手段の一つともされているようであるが、
今年4月に起きたボストン・マラソンの爆弾テロ事件は何とも皮肉な結果に終わっている。

また、当該の大手インターネット関連企業のいくつかは、
経営者の私的コメントを含めてPRISMとの関連を強く否定している。

しかしながら、どちらの問題も責任者が洋の東西を問わず、
「昨日までは知らなかった」というあたり、胡散臭さは拭い去れない。
[PR]
by trident-it | 2013-06-12 23:43 | 名状しがたいITのようなもの
そのセリフ、お主なかなかやる・・・
本来の目的とは全く違ったことで、何かにふッと気づかされたこと、ありませんか?

「いあ!いあ!」とかいう、深夜の日本的活動漫画映画を鑑賞していたときのこと。
主要登場人物のうちの2人が携帯ゲーム機で交流を深めて(?)いる場面。

「修正パッチが出ないってことは、メーカー公認ってことですよ!?」

こんなセリフを面と向かって言われた場合、
開発する側の一人として、この命題にどう向き合っていくべきか・・・

とりあえず、「開発者 心構え」でGoogle先生に聞いてみよう。
[PR]
by trident-it | 2013-06-05 23:25 | 名状しがたいITのようなもの
みんなのうたにボーカロイドくる~
NHK「みんなのうた」といえば、
「コンピューターおばあちゃん」な世代です。

「みんなのうた」は今年で53年目を迎えたそうですが、
その長い歴史を持つ番組の8月・9月のオンエア楽曲として、
初めてボーカロイドの楽曲「少年と魔法のロボット」が選ばれたそうです。

歌うのはGUMIさんです。
商品名的には「VOCALOID2 Megpoid(メグッポイド)」です。

GUMIさんのボーカル音源は
アニメ「マクロスF」の歌姫の一人、ランカ・リーの中の人でブレイクした
「中島 愛(めぐみ)」さんで、キャラクターデザインは
アニメ「パトレイバー」や漫画「究極超人あ~る」で有名な
「ゆうきまさみ」さんです。

Cool Japanを代表する、ボーカロイドの皆様の今後の活躍に
一層の期待をこめて・・・。
[PR]
by trident-it | 2013-06-02 12:19 | 名状しがたいITのようなもの