<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ビッグデータとデータサイエンティスト
コンビニでポイントカードを使って買い物をするとデータを蓄積され、
携帯電話のGPS機能をアプリから利用されるとトラッキングされ、
飲料系自販機の前に立つと、備え付けのカメラから画像分析されて
年齢層や性別、時間帯等で自分にあったおススメ飲料を提示される。

いわゆるビッグデータの収集方法や活用方法である。

ここ近年、このビッグデータの収集方法とその活用方法が
とてつもない進化を遂げている。

「ヒト、モノ、カネ」から
「ヒト、モノ、カネ、情報(データ)」と言われるようになって、
データがお金になることがわかってから、データマイニングと言われる
巨大データを解析して有用な情報を取り出す手法が用いられるようになった。

それを学問的に表した言葉がデータサイエンスで、
その道のプロフェッショナルがデータサイエンティストである。

今のITの世界では、
ロボットの進化にも目を見張るものがあるが、
ビッグデータとデータサイエンティストに関する話題も見逃せない。
[PR]
by trident-it | 2013-07-10 23:28 | 名状しがたいITのようなもの
今日は暑いので、ある意味熱い話題を。
数週間前に「とある科学の超電磁砲S」という、とある深夜アニメ番組で
「メルトダウナー」というタイトルの話をやっていた。
ギリギリのネーミングだとTVに向かって一人でツッコミを入れたことも
記憶に新しい。

それから降って涌いたように電力4社、5原発10基の原発再稼働話が
急速に持ち上がり、そのタイムリーさに驚いた。

また、柏崎刈羽原発の再稼働申請の裏側で、戦時の原子力爆弾投下以降、
反核を訴え続けた山口仙二さんが亡くなった。
同じ頃、福島第一原発港湾内の放射性物質トリチウムの濃度が
計測後最高値を記録した。

日本は現在、原子力発電にほぼ頼らない生活を2年程続けているところなので、
原発に関する諸問題の解決が何もされないままに先を急ぐ必要はあるはずがない。
[PR]
by trident-it | 2013-07-07 13:22 | 徒然なる日常