<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
たまには、アカデミック?なお話を…
我々情報処理系学科では、
ただいま春の情報処理試験の解説を鋭意作成中であります。
恒例となった季節の行事とはいえ、なかなか重たい仕事です。

その中でちょっと気になった問題があったので、
そのことについて触れたいと思います。

ターゲットは
「平成26年度 春季 ITパスポート試験 公開問題 問27」の選択肢です。

ア アライアンス
イ クロスライセンス
ウ ジョイントベンチャ
エ ロイヤルティ

ア~ウについては、わりと順調に解説を書き進めました。
問題は選択肢エの「ロイヤルティ」です。

英語に直すと
Royalty・・・いわゆる特許(パテント)やライセンスの使用料のこと。
Loyalty・・・忠義なとか義理堅いといった意味があるようです。

LとRが異なるだけで、随分と言葉の意味に違いがあります。
ここではどちらの意味なのか、解説を書く上では突き詰める必要があります。

なんとなく意味的には「Royalty」の方に軍配を挙げたいところですが、
カタカナ日本語的には「ロイヤルティ」より「ロイヤリティ」と
発音しておきたい気もします。

実際にグーグル先生に質問したところ
Royaltyは「ロイヤリティ」、
Loyaltyは「ロイヤルティ」といって区別するような検索結果もありました。

そうすると「Loyalty」の方が優勢になる気がします。

とはいえ、まだまだ真実にはたどり着いていない気がします。

そこでヒラメキました。
コンピュータ校には英語の堪能な外国人の先生もいらっしゃいます。
その先生に相談すれば、この問題は解決するのでは・・・!?

しかし、それは考えが甘かったのです。
その先生はすでにお帰りになられていました。

なんということでしょう・・・。
orz...

そうです。いまはすでに放課後。
定時を突き抜けて残業タイムに入り、宴もたけなわといったところです。

どうりで周りが静かになったと思ったら・・・。
そうですよね、週の始めから残業なんて・・・。
しかも、世間では11連休という声も聞こえてくる中での週の始めです。

さて、気を取り直して、
再びグーグル先生に質問です。

2つの単語に関して「発音記号」を教えていただきました。

当然のことながらLとRは発音が全く違います。
しかしなんと、単語の後半部分は

(ə)lti

ということで、全く同じです。
より発音記号に近い発音は「ロイヤルティ」だと思いますが、
カタカナ日本語的には「ロイヤルティ」でも「ロイヤリティ」でも
問題なさそうです。

結局、どちらでもよい・・・だと・・・?
真実というものは、時に残酷です。
誰だ、「ロイヤルティ」と「ロイヤリティ」で区別するといったのは。

参考までに、このように日本語での表記の区別が難しい場合には
特に表記の指定がなければ、
表記は世間で一般的に多く使われている方を使用する、
という不文律のようなものもあるようです。

・・・。
そして時は過ぎ、ついに、新たな真実へと近づく瞬間がおとずれます。
グーグル先生の出すヒント(検索結果)に、
「カスタマー・ロイヤルティ」
「ブランド・ロイヤルティ」という単語を見つけます。

「カスタマー・ロイヤルティ」(Customer Loyalty)
「ブランド・ロイヤルティ」(Brand Loyalty)
顧客がブランドや会社に親密性や信頼性、愛着や執着の気持ちを持つこと
・・・だそうです。

他の選択肢と比較して、
こちらの方向でロイヤルティと使う方がしっくりくる感じがします。
「ロイヤルティ」「ロイヤリティ」問題も解決しているように思います。
ということで、ここでは「Loyalty」の方を使うのがよさそうです。

これでなんとなく得心がいったので、
今日はこのあたりで仕事を切り上げたいと思います。
お疲れさまでした。


追記:
ちなみに、「平成26年度 春季 ITパスポート試験 公開問題 問27」の答えは
「イ」のクロスライセンスです。
「エ」のロイヤルティではありません。

このように、情報処理系学科講師という生き物は
「飽くなき探究心」に突き動かされ、日々悶々とするのである。
[PR]
by trident-it | 2014-04-28 20:46 | 名状しがたいITのようなもの
B-61
Googleマップがあこがれのポケモンマスターを募集した4月1日、
エイプリルフールのネタのひとつかと疑ってしまった話題がある。

音楽を届け続けて50年のUSENが
「2014年4月1日番組改編のお知らせ」ページにて
「B-61」なる音楽放送チャンネルを発表。

なんと、電子の歌姫、初音ミクを代表とするボーカロイド専門チャンネルが誕生した。

歌に形はないけれど、歌い手もボーダレスな時代になり、
そのことが広く世間に浸透したということなのでしょう。

ところで、チャンネル名の「B-61」は
「ボーカロイド」のゴロ合わせなのでしょうか?
[PR]
by trident-it | 2014-04-03 14:36 | 名状しがたいITのようなもの