<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
空の産業革命
「空の産業革命」
2014年末あたりから話題になっているこのキーワード。

小型無人航空機「ドローン」の可能性をこう表現しています。
ここ数日でTVの何番組も特集を組んでいたので、取り上げてみました。

通販大手のアマゾンやドミノ・ピザが個人宅への配送に、
名古屋のIT企業が船の往来も少ない離島への荷物の運搬に
ドローンをGPSなどを利用して自動操縦する実験を成功させています。

他にも災害現場の空撮や
足場を組むのも難しい巨大な橋の外壁検査に利用されるなど
その可能性・有用性をアピールしています。

目下の課題はドローンの安全運用をするための指針がないこと。

ドローンは我々個人にも手の届く範囲で入手したり操作したりできる
現実的なデバイスなので、急ぎルール作りが必要とされています。

しかし、
安全性は一番大切ですが、むやみやたらに規制をかけ過ぎてしまうと
せっかく可能性のあるドローンが発展しないことにもなりかねません。

この辺が難しいと思いますが、頑張ってほしいと思います。


ドローンといえば、数年前になりますが、
ドローンを脳波でコントロールして離陸させるという卒業制作作品がありました。
昨年末あたりにテレビで米軍が本気の取り組みをしているとニュースを見ました。
最近ではPuzzleboxという会社がOrbitという、脳波で飛ばすドローンを
29,800円で発売中というニュースを目にしました。

そのOrbitは動くネコ耳「necomimi」(私も所有しています)で話題になった
NeuroSky社のMindWaveという脳波コントローラを使ってドローンを操作します。

MindWaveを使ったところは卒業制作作品と全く同じです。
当時の苦労を知っているので、製品化するくらいの安定性があるのは
とてもすごいことだと思います。

卒業制作作品つながりで行くと、
これも年末に話題になった、IBMの人工知能Watsonを「IBM Watson Analytics」
としてデータ分析クラウドサービスとして提供するというニュースがあります。

このPRの一環でWatsonに料理のレシピを考えさせて、
実際に料理を作ったら、とてもおいしかったという話。

元料理人の卒業生の作品は人工知能ではなかったが、
新幹線N700系の造形にも利用された「遺伝的アルゴリズム」を使って
料理のレシピを考えさせ、自分で作って食べたら美味かった、というもの。

他にも、コンサートのチケットをペーパーレスにしてQRコードを携帯電話に表示させ、
それを読み取り機にかけてチケット代わりにするというものもあった。
座席案内までできるようにしていたので、これも時代の先取りだった。

今年は流行のOculus riftでナビゲーション・キャラクタ付きの
マップナビシステムを作ったチームがあったり、
マウスを使わずに視線認識や音声認識だけでパソコンの操作や
SNSへの投稿をするチームがあったり。

割と万能なスマートフォンにもついていないセンサーを組み上げて本体と
USB接続でつないで障害物検知・通知をさせたチームもありました。

初音ミクのコンサートの投影システムから着想したチームは
投影したお気に入りのキャラクタと会話をするシステムを作りました。

このチームの作品の今後のアイデアとして、
「例の抱き枕」にセンサーを仕込んで会話を楽しむというのもありましたが、
こちらは3月開催のAnimeJapan2015の会場で、抱きしめるとしゃべりかけてくれる
「音声入りハグクッション」なるものの登場で益々現実味を帯びてきました。

学生の溢れるアイデアと作り上げる情熱。
トライデントコンピュータ校情報系学科の優れた学生気質というか遺伝子というか
よいものは永く受け継いでいってほしいものです。

「空の産業革命」の話から脱線してしまったようなので、
今回はこの辺で…。
[PR]
by trident-it | 2015-03-06 00:05 | 徒然なる日常
リアル艦隊これくしょん
戦後70年の節目に戦艦、大和型二番艦「武蔵」、
レイテ島近くのシブヤン海で発見か!?

…の報に、にわかに諸提督方々も湧き上がっている模様。
艦これ本家のツイッターでも話が振られています。

艦隊これくしょん(艦これ)は
まさに時代の寵児、時の申し子の様相を呈しております。
All roads lead to KanColleな感じです。

今回の発見について、広島県呉市の大和ミュージアム館長も
「ほぼ間違いなく武蔵だ」と指摘しているようです。
なかなか胸熱な話ですね。

そんな話はゲーム科のブログでやれ、との声も聞こえてきそうですが、
今回は情報系に関係なくもない事情があったので、取り上げてみました。

今回、海底に沈む戦艦「武蔵」を発見したのはポール・アレンさんという方で
あのMicrosoftの共同創業者ということだそうです。

アレン氏は多趣味、多才なことでも知られており、
その情熱や興味が本業のエンジニアとしての能力を
より良いものにしたのかもしれませんね。

アレン氏は「武蔵」について
「まさにエンジニアリングの驚異であり、建造に至った技術と努力に対し、
 1エンジニアとして深い感謝の意を捧げている」
と述べているようです。

では、小生も一提督として、これから大型建造回しに行きますか!
(まだ大和、武蔵を艦隊にお迎えできておりません…グッスン)

なお、
この記事のBGMはもちろん「武蔵の帰投」で書きました。
[PR]
by trident-it | 2015-03-05 19:58 | 徒然なる日常