<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
パンツァーフォー!
5/13~5/19集計のオリコンDVD週間ランキングで、
「よくわかる!陸上自衛隊 ~陸の王者!日本を守る戦車の歴史~」が
15,000枚を売り上げて、総合1位を獲得したそうな。

教養DVDのジャンルでの1位獲得は、同ランキング史上初の快挙だそうだ。

TVアニメ「ガールズ&パンツァ-」とのコラボレーション企画の影響であることは
疑いようのない事実である。

このアニメの影響もあり、密かに戦車ブーム真っ最中です。
先のDVDのみならず、プラモデルでも「ガルパン・モデル」が発売ラッシュでした。

このブログでもお世話になったデアゴスティーニ・ジャパンは
「コンバット・タンク・コレクション」以外にも「自衛隊モデル・コレクション」なるものも
創刊しました。

え、ITで戦車はないと・・・?

いやいや、ITでもあるんです!
e0222779_1440435.jpg

もちろん、本屋で見かけて即、購入です。
自機にⅣ号戦車、敵機にT-34のCGモデルを使うところがイイですね。
Ⅳ号戦車は頑張って「あんこうチーム仕様」にするとして・・・
あとは、授業で日の目を見ることができるのか、というのが一つの大きな課題ですね。
by trident-it | 2013-05-29 15:16 | 名状しがたいITのようなもの
週刊ロボゼロ74
このカテゴリでは、半年ぶりですね・・・。

さて、ロボットといえば、自律型お掃除ロボットですよね!

名駅地下街はユニモールにも、この春、自律型お掃除ロボットがデビューしました!
まだ見習い期間ということで、午前と午後の1回ずつ、短い時間のお勤めだそうで、
なかなか出会える機会は少ないようです。

新聞の記事で知ってから、その翌日くらいに偶然そのお掃除タイムに
遭遇したのですが、そのときはその雄姿を収めるデバイスを所持しておらず
泣く泣く断念した経緯があります。

今回ようやく撮影に成功しました。
ちょうど午後のお掃除に出撃するところです。
(担当の方、気前よく写真を撮らせていただいてありがとうございました)
e0222779_1234896.jpg

自律型お掃除ロボットといえば、初めて見たのは超時空要塞の中の公園でした。
かれこれ30年くらい昔になりますが、空き缶拾ってましたね。
最近では学園都市あたりで目撃しましたが、電撃くらってヘロヘロになってました。

絵空事だと思っていたものが、
今では家の中や、スマホやタブレットの液晶までもお掃除してくれる。
そして、人ごみの中でも・・・。

次はどんなロボットが実用化されるでしょうか?
by trident-it | 2013-05-24 23:40 | 週刊ロボゼロ
祝、HONDA F1復帰!
今年は日本人に関する話題がなく、どうもパッとした印象がないF1。

そんな中、本日16時からの
「2015年からHONDAがF1復帰」の緊急記者会見。
今回はエンジンサプライヤーとして参戦することが正式に発表された。

国営放送局をはじめ民放のニュース番組、ネットなど各メディアがこぞって
このニュースを伝えた。

昨年の本田技研工業の企業広告
「負けるもんか」
・・・は、F1復帰への壮大な伏線だったわけですね。
今にして思えば、いろいろと含蓄の深い言葉ですね。

これから楽しみです。
あとは、HONDAでなくてよいので、日本人ドライバーの参戦も希望します。
by trident-it | 2013-05-16 23:40 | 徒然なる日常
3Dプリンタは聖なる福音となるか?
最近、3Dプリンタに関する話題が熱いですね。

今年に入ってからTV番組でも何度か特集が組まれていました。
数日前のGIZMODEでは早ければ6月頃に
5色カートリッジを使ったフルカラーの3Dプリンタが発売されるかもしれないとのこと。

3Dプリンタを使った立体造形と言えば、
個人的にはキャラクターもののフィギュアをまず思い浮かべるというか、
コレしかないというか、それが全てというか、それだけできれば幸せですよね!

ちょっと調べてみたところ、
個人でも買える3Dプリンタは10万円台から確かに存在するのですが、
自分の目的を達成するためには最低でも1000万円クラスのものが必要な様子。
orz...

それ以前に3Dモデルを作れるCGの腕前が必要なこともハードル高そうですね。
だがしかーし、3Dモデルさえ用意できれば、立体造形出力サービスなるものを
利用して、比較的安価に大人の趣味の範囲で楽しめそうなことがわかりました。

この先、3Dプリンタや立体造形出力サービスも価格が下がっていくと思われるので、
「趣味が3DCGモデリングです」という人も増えていくかもしれませんね。
いまから早速腕を磨いておくといいかもしれませんね!

そんな平和な妄想を抱く一方で、3Dプリンタに関する衝撃的なニュースもありました。
アメリカで「3Dプリンタで作れる銃の設計データ」が公開されたというものです。

これにはとても大きな反響があり、設計データが全世界で80万ダウンロード以上、
日本でも6万ダウンロード以上されたそうです。

3Dプリンタで作られた銃の精度や威力に疑問があるとの見方もあるようですが、
こういう類のモノの進化はとてつもなく早いのが相場なので、楽観視はできない。
また、「3Dプリンタ銃」の懸念事項はプラスチック製で金属探知機に反応しない、
燃やしてしまえば証拠も簡単に隠滅できるなど、いいことずくめ・・・でいいのかな?
凶悪犯罪にもつながりかねない事態になっている。

はたして、3Dプリンタは聖なる福音となるか?
by trident-it | 2013-05-13 15:58 | 名状しがたいITのようなもの
2億4千万の点々
億千万、憶千万♪

2億4千万と聞くと脊髄反射のように口ずさむあなたは、
間違いなくアラフォー以上の世代とお見受けいたします。

2億4千万といっても、今回はジャペァ~~ンではなく
おフランスの話です。

先日の「世界ふしぎ発見!」第1273回放映で
「最新ダ・ヴィンチ・ミステリー モナ・リザは2人いる」と題して、
昨年秋頃に「本物」の鑑定をもらった「アイルワースのモナ・リザ」が紹介されていた。

この2枚目のモナ・リザは「ローザンヌのモナ・リザ」とも呼ばれていたようで、
35年以上も真贋の調査をしてきたようだ。

しかもこの「アイルワースのモナ・リザ」は一昨年から昨年にかけ
「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展として、静岡、福岡、東京で
公開されてきたというから、そのタイムリーさには驚きである。

俗にいう「名古屋飛ばし」にあっていなければ、きっと私も足を運んだことだろう。
「本物」の鑑定をもらった以上、そうおいそれと海を渡ることはなくなると思うと
大きなチャンスを逸したことが残念でならない。

ルーブル版のモナ・リザを見たことあるからいいもんね!
というより、ルーブル版を見たからこそ、アイルワース版も見ておきたかった・・・。
ちなみに、実際のルーブル版モナ・リザは想像よりもずっと小さいことに、まず驚く。

・・・と、前置きが長くなったが、ようやく「2億4千万の点々」の話題に入ることに。
先ほどの番組内でルーブルのモナ・リザを撮影したとして紹介されていた
超高解像度カメラの画素数が「2億4千万」ということだそうだ。

画素というのはその写真や映像が幾つの点々から構成されているかを
示す単位のことである。

今のフルHDサイズのTVが1920x1080=約210万画素、
今の35mmフルサイズCMOSセンサーを持つデジタル一眼レフカメラでも
一千数百万から二千数百万画素なことを考えると、驚異的な数値と言える。

この超高解像度カメラとデジタル技術の成果でモナ・リザに眉毛があったのでは、
という研究結果が発表されている。

眉毛についても驚きであるが、この超高解像度カメラが2007年頃には
すでに存在していたということにも驚いた。

ところで、モナ・リザといば、ギャラリーフェイクは忘れてはいけませんよね?
by trident-it | 2013-05-12 23:21 | 名状しがたいITのようなもの
何とかガール
森ガール
(沼ガール)
山ガール
そして、雲ガール。

ITというカテゴリに属するのはクラウドを意味する「雲ガール」という種族だが、
最近「蝉ガール」という新種が発見されたそうな。

何とも騒がしそうな名前だが、twitter区域あたりで増殖中とのこと。
二面性を持つことが大きな特色のようだ。
季節的にもこれから夏にかけて盛り上がっていくのでしょうか?

個人的には遠くに聞こえる「ひぐらし」の声に癒されるのですが・・・。
そういえば、ITにカテゴライズされる「ダダ漏れ女子」はどうなった・・・!?
by trident-it | 2013-05-09 10:15 | 名状しがたいITのようなもの
名状しがたいITのようなもの
「バールのようなもの」
誰しもニュース番組やらサスペンスドラマやらで
一度は耳にしたことのあるフレーズだろう。

言葉自体がひとり歩きしていると思われるほど有名なフレーズなので
諸説・解説はグーグル先生にたずねていただくとして、
ざっくり言うと「バール」と断定するには微妙な時に使用する。

ITの話題といえば
「これが最新技術だ」とか
「これが注目キーワードだ」みたいになりがちなのだが、
大上段に構えるほどのものでもない
まさに「微妙な」ITのよしなしごとを話題にするときに
この「ITのようなもの」という言葉を使ってみようと思う。

また「ITのようなもの」だけでは語感が寂しかったことと
一般社会的に「IT=難しい」という図式があることも考慮して、
IT色を薄めてゆるい感じを出すために
「名状しがたい」という枕詞もつけてみた。
by trident-it | 2013-05-09 09:39 | 名状しがたいITのようなもの